温暖化対策・省エネに関する情報や、環境ビジネス、環境業務、CSRのQ&Aをご紹介

環境戦略・お役立ちサイト おしえて!アミタさん
「おしえて!アミタさん」は、企業のCSR・環境戦略をご支援する情報ポータルサイトです。
CSR・環境戦略の情報を情報をお届け!
  • トップページ
  • CSR・環境戦略 Q&A
  • セミナー
  • コラム
  • 担当者の声

CSR・環境戦略Q&A

 

「温暖化対策・省エネ」 に関する記事一覧

このページでは、温暖化対策・省エネについての業務に役立つ記事をまとめて掲載しています。
このテーマについての関心が高い場合は、このページをブックマークしてお使いください。

燃料等を使用して製造した電力の一部を自社で使用し、残りを他社に販売している場合、改正省エネ法の定期報告書にはどう記載すべきですか?

Some Rights Reserved. Photo by ogimogi

今回は、より一般的と思われる、「エネルギーの製造と供給が主たる事業ではない会社」のケースを考えます。
エネルギー使用量を、改正省エネ法の定期報告書のそれぞれの欄に分けて記載します。・・・

改正省エネ法に基づくエネルギー使用状況届出書や定期報告書作成に必要な「夜間買電」の値は、電力会社等からの請求書に記載されている「夜間電力量」とは異なる場合があるのですか?

Some Rights Reserved. Photo by Guwashi999

はい、異なる場合があります。電力会社の請求書等においては、「夜間電力量」というと、多くの場合、夜間の電力と日曜・祝日の昼間電力の合計を指しています。・・・

温対法の定期報告に記載が義務づけられる「調整後温室効果ガス排出量」って何ですか?

Some Rights Reserved.
Photo by Christian Revival Network

地球温暖化対策の推進に関する法律(以下、「温対法」)については、2010年の定期報告から、特定事業者(企業として原油換算で年間1,500kl以上のエネルギーを消費する事業者)はこれまでの温室効果ガス排出量(実排出量)に加えて「調整後温室効果ガス排出量」の報告が義務づけられます(「国内認証排出削減量の告示」(経済産業省・環境省告示第四号))・・・。

改正省エネ法へ対応するために、エネルギー消費原単位を設定する上で気をつけるべき点はありますか?

特定事業者・特定連鎖化事業者に指定された事業者に課される義務の一つに、「中長期的に見て年平均1%以上のエネルギー消費原単位の低減」を目標とした計画書の作成があります。改正省エネ法では、総量削減もさることながら、・・・

改正省エネ法対応のために各拠点のエネルギー使用量を集計するにあたって、気をつけるべき点はありますか?

Some Rights Reserved.
Photo by christian.senger

エネルギー使用量を集計していくとき、まず気をつけるべきことは、各拠点から報告される使用量の単位が揃っているかどうかということです。
一般的には電力やガス、灯油などはそうしたエネルギーの供給事業者から購入しているので、・・・

「おしえて!アミタさん」では、温暖化対策・省エネなどについての環境業務に役立つ情報をQ&Aやコラムとして毎日更新中です。更新情報はメールで配信していますので、ぜひご利用ください。

無料メールマガジン登録はこちら

ご依頼・ご相談はこちら

このページの上部へ