自社で行っている環境への取り組みを、効果的にアピールするコツはありますか? | 企業の環境・CSR・サステナビリティ戦略に役立つ情報が満載!

環境戦略・お役立ちサイト おしえて!アミタさん
「おしえて!アミタさん」は、企業のCSR・環境戦略をご支援する情報ポータルサイトです。
CSR・環境戦略の情報を情報をお届け!
  • トップページ
  • CSR・環境戦略 Q&A
  • セミナー
  • コラム
  • 担当者の声

CSR・環境戦略Q&A

自社で行っている環境への取り組みを、効果的にアピールするコツはありますか?

Some rights reserved by Mondayne

工場での再資源化・省エネから環境配慮型の商品デザインまで、「環境の取り組み」を表彰する制度は数多くあります。ご担当者様にとっては当たり前の業務改善努力でも、世間から見れば画期的な取り組みというケースもあるはずです。自社にマッチする表彰制度を探して、うまく活用しましょう。

まず、アピールする対象と応募する賞のタイプですが、主に3つの種類があります。

お客様や、将来のお客様に対してアピールしたいのであれば、環境配慮型の「製品/サービス」に対する賞、地域住民や株主などのステークホルダーに対してであれば、環境・CSR報告書や工場開放などの「情報発信」に対する賞、地道な取り組みの価値を社内にアピールするのであれば、3Rや省エネといった「取り組みそのもの」に対する賞に応募するのが適しています。

中には、意義ある賞であるにも関わらず、応募件数がそれほど多くないものもありますので、受賞のチャンスは大きくなります。また、中小企業向けの賞、対象業界が絞られた賞、地域が限定された賞などに応募するのもひとつの手です。

さらに受賞後には、会社のホームページへの掲載やプレスリリースの手配などを他部署に依頼できるようにしておくなど、「受賞したことを知ってもらう」アピール方法も考えておくことで、さらなる効果が期待できます。

セミナー情報

無料メールマガジン登録はこちら

ご依頼・ご相談はこちら

このページの上部へ