「環境ラベル」とはいったい何でしょうか。 | 企業の環境・CSR・サステナビリティ戦略に役立つ情報が満載!

環境戦略・お役立ちサイト おしえて!アミタさん
「おしえて!アミタさん」は、企業のCSR・環境戦略をご支援する情報ポータルサイトです。
CSR・環境戦略の情報を情報をお届け!
  • トップページ
  • CSR・環境戦略 Q&A
  • セミナー
  • コラム
  • 担当者の声

CSR・環境戦略Q&A

「環境ラベル」とはいったい何でしょうか。

Some rights reserved by
The Creaking Door

「環境ラベル」とは、環境に配慮した製品やサービスにつける表示の総称で、環境配慮商品の優先的な購入を促すためのものです。
ISO(国際標準化機構)によって、以下の3つのタイプが規格化されています。

  • タイプ1:特定の基準に従って、第三者(認証機関)が認証を与えるもの。日本では「エコマーク」がよく知られています。
  • タイプ2:独自に設定した基準を満たす製品に対し、企業が独自につけるもの。
  • タイプ3:基準はなく、製品のライフサイクル全体(原料の採集から、製造、流通、廃棄まで)における環境負荷を定量的データで表示するもの。

また、タイプ1~3の環境ラベルが全てではありません。これらのカテゴリに当てはまらない環境ラベルもたくさんあります。

あらゆる消費者が製品やサービスを購入する際に、品質や価格だけでなく、環境負荷の少なさやリサイクルのしやすさなどを考慮することをグリーン購入と言いますが、企業もグリーン購入を率先して行うことが社会的に求められています。
そのための判断材料として「環境ラベル」は便利です。

しかし、一口に「環境ラベル」といっても様々な種類があります。
どの組織が運用する制度か、第三者のお墨つきがあるか自己宣言のラベルか、どのような内容とレベルの基準か、など個々のラベルの制度や意味を把握した上で、参考となるかどうか判断をすべきでしょう。

セミナー情報

無料メールマガジン登録はこちら

ご依頼・ご相談はこちら

このページの上部へ