BCPの一環で災害発生に備え、廃棄物管理リスクを回避するには? | 企業の環境・CSR・サステナビリティ戦略に役立つ情報が満載!

環境戦略・お役立ちサイト おしえて!アミタさん
「おしえて!アミタさん」は、企業のCSR・環境戦略をご支援する情報ポータルサイトです。
CSR・環境戦略の情報を情報をお届け!
  • トップページ
  • CSR・環境戦略 Q&A
  • セミナー
  • コラム
  • 担当者の声

CSR・環境戦略Q&A

BCPの一環で災害発生に備え、廃棄物管理リスクを回避するには?

この記事は2011/04/01に掲載したものを再編集しています。

災害時にはさまざまな廃棄物リスクが想定されます。 現在BCP(事業継続計画)の一環で、災害時リスクの洗い出しと対応策を検討されている企業担当者様も多いのではないでしょうか?

災害時には自社の廃棄物保管施設が被害を受け、廃棄物が漏洩してしまうなどの直接的な被害に加え、委託契約している処理会社が機能停止になるなど、予定通りに出荷できなくなる可能性もあります。 さらに、2次的な影響として、交通の混乱によって収集運搬が滞る、停電によって保管場所の機能が停止してしまう、といったトラブルが発生することも考えられます。

災害発生時に備えるリスク対策例

日頃から、災害など非常時の連絡方法、対応方法などを確認・共有しておくことが何より大切です。 次のような、今すぐできるリスク対策から準備していくとよいでしょう。

  • 緊急時の廃棄物保管場所を決めておく

災害時は、一時的に通常の処理委託ができなくなる可能性があります。溜まった廃棄物を安全に保管するため、駐車場など、臨時の保管場所を決めておくとよいでしょう。

  • 日頃から処理ルートを複数確保しておく

処理会社が被災した際、すぐに新たな処理先を確保できるとは限りません。あせって素性の分からない会社に委託したところ不法投棄に・・・、などという可能性もあります。 主な委託先のほかに、少量でも違う地域の処理先に分けてお願いしておくと、いざというとき契約などの手間がなく、委託量増加の調整だけですみます。関東と関西、陸路と海路など、異なる処理ルートを確保しておくと、物流が混乱する災害時にも対応の幅が広がります。

  • お断りした処理会社の情報は捨てない

過去にサンプルを分析してもらったり、処理の検討を依頼した処理会社。その後取引が無くても、検討結果や分析結果を置いておきましょう。いざというとき、分析や検討の時間を短縮して緊急受入れしてもらえる可能性が高くなります。

  • 情報収集のツテを確保しておく

処理会社の被災状況や受入れ状況、災害時の特例情報、道路状況など、災害時に必須の業界情報を自社で収集するのは大変です。信頼できる情報元(自治体や処理会社など)と日頃から関係構築しておくと良いでしょう。

その他、保険も1つの策となりますので、現状を見直されてみてはいかがでしょうか?

関連セミナー・サービス

「廃棄物管理・廃掃法」 のセミナー・説明会一覧はこちら
アミタグループでは環境戦略支援サービスを行っています。
お気軽にご相談ください。お問い合わせはこちら

無料メールマガジン登録はこちら

ご依頼・ご相談はこちら

このページの上部へ