環境・CSRご担当者や、環境ビジネス・環境業務・CSRの注目コラム!

環境戦略・お役立ちサイト おしえて!アミタさん
「おしえて!アミタさん」は、未来のサステナビリティ経営・町づくりに役立つ情報ポータルサイトです。
CSR・環境戦略の情報を情報をお届け!
  • トップページ
  • CSR・環境戦略 Q&A
  • セミナー
  • コラム
  • 担当者の声

コラム

 

「環境・CSRご担当者」 に関する記事一覧

7世代先のことを考えた適切な選択肢づくりを期待します日本版シュタットベルケへの挑戦

日本版シュタットベルケを目指して日本にも多くの新電力会社が設立されました。その中の1つに生駒市が51%を出資するいこま市民パワー株式会社(以下、いこま市民パワー または ICP)があります。公共施設の電力切り替えは政策的に行われていますが、民間会社や個人への電力販売が今後の成否をわけます。 今回は、奈良県生駒市にお住いの濱田 信吾(はまだ しんご)氏に、ご自宅の電力を切り替えた経緯や意図について、いこま市民パワーが取材しました。

激変する電力事業環境における地域新電力の生き残り戦略地域新電⼒の未来 〜⽣き残りをかけて脱炭素社会・地⽅創⽣の担い⼿へ〜

pixabay

SDGs、パリ協定の旗印のもとで脱炭素化・再エネシフト、持続可能な社会経済の実現が叫ばれる昨今。地域新電力にもその影響は及び、環境配慮型であることに加え、地方創生の中心的存在としての期待をも背負います。専門家が語る地域新電力会社の生存戦略や、地域新電力会社による現場の実践例をもとに未来を考える、バトン形式のコラムです。

スローイノベーション(Slow Innovation)の時代
6 .SDGs時代:誰もがイノベーターになる「SDGs時代」10年
スローイノベーションの時代

Photo by quianyu pan on Unsplash

SDGsがますます注目されるなか、企業のCSV(Creating Shared Value:共有価値の創造)の必要性が高まってきています。CSVを成功させるには、行政やNPOを含むクロスセクターの協力関係を丁寧に築き上げ、粘り強く社会イノベーションに取り組むことが重要です。本連載の最終回は、Slow Innovation株式会社代表 野村恭彦様より、これからの10年間のイノベーションの在り方について解説いただきます。

スローイノベーション(Slow Innovation)の時代
5.「京都をつなげる30人」体験レポ スローイノベーションの可能性
スローイノベーションの時代

SDGsがますます注目されるなか、企業のCSV(Creating Shared Value:共有価値創造)の必要性が高まってきています。CSVを成功させるには、行政やNPOを含むクロスセクターの協力関係を丁寧に築き上げ、粘り強く社会イノベーションに取り組むことが重要です。今回は、Slow Innovation株式会社様が主催する「つなげる30人」プログラムに参加したアミタ株式会社の宍倉よりレポートをお届けします。

スローイノベーション(Slow Innovation)の時代
4 .「つなげる30人」が育む協働プラットフォーム
スローイノベーションの時代

Photo by Tai's Captures on Unsplash

スローイノベーションの時代|第4回目は、Slow Innovation株式会社が市民協働イノベーションエコシステムの土壌づくりのために実施している「つなげる30人」プログラムをご紹介します。

無料メールマガジン登録はこちら

ご依頼・ご相談はこちら

このページの上部へ