廃掃法・関連法に関する情報や、環境ビジネス、環境業務、CSRのQ&Aをご紹介

環境戦略・お役立ちサイト おしえて!アミタさん
「おしえて!アミタさん」は、企業のCSR・環境戦略をご支援する情報ポータルサイトです。
CSR・環境戦略の情報を情報をお届け!
  • トップページ
  • CSR・環境戦略 Q&A
  • セミナー
  • コラム
  • 担当者の声

CSR・環境戦略Q&A

 

「廃掃法・関連法」 に関する記事一覧

このページでは、廃掃法・関連法についての業務に役立つ記事をまとめて掲載しています。
このテーマについての関心が高い場合は、このページをブックマークしてお使いください。

コロナ後はどうなる?廃棄物管理業務の抜本的な改革―「業務効率化」「コスト削減」「非接触・脱属人化」を目指す企業

新型コロナウイルスの流行により、社会全体で非接触型・遠隔型 業務への転換が一気に進みました。2020年9月現在、感染者数は減少傾向にあり、出社が認められる企業も増えつつありますが、仕事の仕方が完全に元に戻ることはないでしょう。アミタには、廃棄物管理業務の体制見直し、ICT化、コスト削減、アウトソーシングなどの相談が多く寄せられています。そこで今回は、「アフターコロナ時代の廃棄物管理」について、事例等を交えてご紹介します。

産業廃棄物管理|「措置内容等報告書」とは?書き方や注意点

(画像:総務省Webサイトより)

廃棄物の処理及び清掃に関する法律(以下、廃棄物処理法)では、措置内容等報告書の提出が義務付けられています。書き方や注意点について詳しく解説します。

措置内容等報告書の提出先は、排出事業者が所在する管轄自治体と、処理業者が所在する自治体、どちらの都道府県知事ですか?

Image by StockSnap from Pixabay

措置内容等報告書について、どの自治体に提出するのか、迷われたことはないでしょうか。例えば、排出事業者の所在する都道府県と処理業者の所在する都道府県が異なる場合には、どちらに提出するのがよいのでしょうか。今回は、「措置内容等報告書の提出先は、どの自治体なのか」について解説します。

廃棄物管理業務のリモートワーク|マニフェスト交付を遠隔で行うにはどうしたらいいですか?

全国的に新型コロナウィルス感染拡大による影響でリモートワーク(在宅勤務)が奨励されています。今回は、廃棄物管理の現場において、マニフェストに関連する業務を遠隔で行う際には、どのような点に注意すべきなのか、アミタの見解をご紹介します。

令和元年(2019年)|PCB特措法と廃棄物処理法の施行規則が改正されましたが、どのような点が改正のポイントなのでしょう? 初心者向け

Some rights reserved ictoria Catterson

期限までの処理が求められるポリ塩化ビフェニル廃棄物(以下、PCB廃棄物)。2019年12月20日、「ポリ塩化ビフェニル廃棄物処理基本計画」(以下「基本計画」)が変更(閣議決定)され、同日に関係法令が改正(公布)されました。 今回の改正では、「無害化処理認定施設等の処理対象となるPCB廃棄物の拡大」など、事実上の規制緩和が行われています。詳しく解説します。 

「おしえて!アミタさん」では、廃掃法・関連法などについての環境業務に役立つ情報をQ&Aやコラムとして毎日更新中です。更新情報はメールで配信していますので、ぜひご利用ください。

無料メールマガジン登録はこちら

ご依頼・ご相談はこちら

このページの上部へ