中間処理会社から、当社が先月交付したマニフェストのD票を紛失したとの連絡がありました。再交付はできるのでしょうか? | 企業の環境・CSR・サステナビリティ戦略に役立つ情報が満載!

環境戦略・お役立ちサイト おしえて!アミタさん
「おしえて!アミタさん」は、企業のCSR・環境戦略をご支援する情報ポータルサイトです。
CSR・環境戦略の情報を情報をお届け!
  • トップページ
  • CSR・環境戦略 Q&A
  • セミナー
  • コラム
  • 担当者の声

CSR・環境戦略Q&A

中間処理会社から、当社が先月交付したマニフェストのD票を紛失したとの連絡がありました。再交付はできるのでしょうか?

Some Rights Reserved. Photo by JOE M500

再交付をすることは望ましいとは言えません。

マニフェストD票を紛失した時の対応

D票の運用について、廃棄物処理法第12条の3第3項では「管理票交付者に当該管理票の『写し』を送付しなければならない」とされています。つまり、中間処理会社の所持しているC1票のコピーで、D票を代用することが可能です。 このとき、紛失の経緯と措置の内容を書面で残して、該当のコピーに添付しておくと、後々説明の必要が生じたときに役立ちます。

マニフェストを紛失した際の措置については、廃棄物処理法では規定されていません。
しかし、廃棄物処理法第12条の3には「事業者は、その産業廃棄物の引渡しと同時に産業廃棄物管理票を交付しなければならない」とされており、再交付という対応は望ましいとは言えません。

電子マニフェストで紛失防止

マニフェストの紛失を防ぐためには、電子マニフェストを導入することが有効です。
紙マニフェストを運用している場合は、記録の残らない普通郵便ではなく、書留や配達記録を利用するとよいでしょう。

なお、交付から90日以内にD票が返送されなかったときには、速やかに処理の状況を把握し、必要な措置を講じた上で措置内容等報告書(規則様式第4号)を作成し、返送期限から30日以内に都道府県知事などに提出しなければなりません。コピーを送ってもらうなどの紛失に対する措置は、交付から90日以内に完了するようにしましょう。


その他にも廃棄物管理業務の現場には、「法令違反のリスク」が多く潜んでいます。
アミタは、35年以上の廃棄物管理実務の経験を背景に、法令違反リスクを極限まで下げるソリューションを提供しています。お気軽にご依頼・ご相談ください。


その他、お問い合わせはこちらから。


▼関連記事
マニフェストの流れと、法定記載事項について教えてください。

産業廃棄物の処理を委託する場合の、マニフェストの不備とはどんな例がありますか?

返送されたマニフェストの内容に、不備が見つかった場合どうすればよいでしょうか?

関連セミナー

アミタグループの「廃棄物管理の法と実務セミナー」は、必要事項を網羅した6つのテーマで管理業務のすべてを習得いただけます。演習などの現場感覚を体験できる手法で、毎年1,000名以上のご支援実績を誇る『廃棄物管理』のプロフェッショナルが、よりスムーズで確実な廃棄物管理業務を行えるよう、しっかりとサポートします。

アミタの「廃棄物管理・廃掃法」に関するセミナーについてはこちら

無料メールマガジン登録はこちら

ご依頼・ご相談はこちら

このページの上部へ