近年のCSRレポートのトレンドを教えてください。 | 企業の環境・CSR・サステナビリティ戦略に役立つ情報が満載!

環境戦略・お役立ちサイト おしえて!アミタさん
「おしえて!アミタさん」は、企業のCSR・環境戦略をご支援する情報ポータルサイトです。
CSR・環境戦略の情報を情報をお届け!
  • トップページ
  • CSR・環境戦略 Q&A
  • セミナー
  • コラム
  • 担当者の声

CSR・環境戦略Q&A

近年のCSRレポートのトレンドを教えてください。

近年のCSRレポートでは、社会的側面(労働、安全、雇用、人権、地域社会貢献)や、ガバナンス(企業内における経営責任の明確化)に関する情報開示の項目が特に重要視されつつあります。

CSRにおけるESGとは?

こうした観点をESG(Environment:環境、Social:社会、Governance:企業統治)と呼び、企業への影響力を増している投資家も、これらを投資の意思決定に取り入れる動きが盛んになってきています。

たとえば、CSRに関するデータベースを持つ日本財団では、2010年2月から、国際的な金融情報サービス企業であるブルームバーグ社に対して情報提供を行っています。

CSRレポートの基本的な構成のガイドラインとしては、「環境報告書ガイドライン」や「GRIガイドライン」等が参考になります。

また、CSRレポートはCSR活動全体のトレンドに影響を受けるものですので、2010年11月に発行が見込まれる、組織の社会的責任に関する国際規格「ISO26000」もチェックしておきたいところです。

アミタへのご依頼、ご相談はこちら

CSRレポートを作成する上で参考にしていただきたいリンク

「環境報告書ガイドライン」環境省

http://www.env.go.jp/policy/report/h19-02/index.html

「GRIガイドライン」サステナビリティ日本フォーラム
http://www.sustainability-fj.org/gri/g3/index.php

「もっと知りたい!環境報告書」環境省
http://www.env.go.jp/policy/envreport/about/index.html

アミタのCSRセミナー

「CSRとはそもそも何でしょうか?」 「CSRがなぜ世間で注目されているのですか?」 「CSR部に配属されたけど、全く知識がないので困っています」

本セミナーでは、CSRの生まれた背景、CSRの領域、整理の仕方まで、基本的な内容を解説していき、「なぜ今CSRが企業にとって必要なのか?」ということを初心者の方でもわかりやすく解説していきます。このセミナーを受講すれば、CSRについて一通り体系的に理解できるようになり、今後の方向性が見えるようになります。

アミタのCSR・地域コミュニケーションに関するセミナー一覧はこちら

執筆者プロフィール
ohara.jpg

大原 樹雄 氏
株式会社大伸社 
TK営業部 プロデューサー

ユーザー視点の「エクスペリエンスデザイン」でマーケティングコミュニケーションのROI向上を支援している株式会社大伸社で、大手企業のCSRレポートの制作などを担当。

関連情報

無料メールマガジン登録はこちら

ご依頼・ご相談はこちら

このページの上部へ