ISO26000でCSRレポート監査について記述されています。今後は日本企業もCSR監査を受けることになるでしょうか? | 企業の環境・CSR・サステナビリティ戦略に役立つ情報が満載!

環境戦略・お役立ちサイト おしえて!アミタさん
「おしえて!アミタさん」は、企業のCSR・環境戦略をご支援する情報ポータルサイトです。
CSR・環境戦略の情報を情報をお届け!
  • トップページ
  • CSR・環境戦略 Q&A
  • セミナー
  • コラム
  • 担当者の声

CSR・環境戦略Q&A

ISO26000でCSRレポート監査について記述されています。今後は日本企業もCSR監査を受けることになるでしょうか?

海外の企業や、日本の一部の企業では、会計事務所などからCSRレポートの監査を受けている事例があります。 ただ、2010年11月現在では、こうした正式な監査を受ける日本企業がすぐに増えるとは考えにくいと思われます。

日本では、第三者意見が掲載されているCSRレポートが多く見られますので、実際の実務ではこれを改善していくことによって、監査の代用とする企業が増えていく可能性があります。

なお、CSRという概念が非常に多くの分野にまたがっていることや、ISO26000にも7つもの中核課題が設定されていることを考えると、第三者意見はテーマごとに複数の専門家に意見を出してもらうのがより望ましいと言えます。
特に、自社のCSR活動について重点を置くテーマが決まっている場合は、その分野について特に深い知見を持つ専門家に第三者意見を求めるのも良いでしょう。

CSRに関するセミナー、無料メルマガ配信

アミタグループでは、ISO26000の概要や、今後の注目ポイントについて学べる、CSRに関するセミナーの開催や、無料メルマガを配信しています。ぜひご参考ください。  

無料メールマガジン登録はこちら

ご依頼・ご相談はこちら

このページの上部へ