産業廃棄物処理業の許可自治体が4月から増えると聞きました。最新の自治体一覧はありますか? | 企業の環境・CSR・サステナビリティ戦略に役立つ情報が満載!

環境戦略・お役立ちサイト おしえて!アミタさん
「おしえて!アミタさん」は、企業のCSR・環境戦略をご支援する情報ポータルサイトです。
CSR・環境戦略の情報を情報をお届け!
  • トップページ
  • CSR・環境戦略 Q&A
  • セミナー
  • コラム
  • 担当者の声

CSR・環境戦略Q&A

産業廃棄物処理業の許可自治体が4月から増えると聞きました。最新の自治体一覧はありますか?

AttributionShare Alike Some rights
reserved by Hyougushi

はい、2012年4月1日から、大阪府の豊中市が中核市に追加されるため、産業廃棄物処理業の許可権限を持つ自治体がこれまでの110から111に増えます。許可権限の詳細と「最新111自治体一覧」はこちら

確認すべきポイント

許可権限は、47都道府県の他、いわゆる政令指定都市と中核市、さらに廃棄物処理法で別途規定している(呉市・大牟田市・佐世保市)が持っています。政令指定都市と中核市は、地方自治法という法律で定められており、今回、豊中市が中核市に追加されるため、許可権限を持つ自治体も1つ増えることになりました(廃棄物処理法の改正ではありません)。

産業廃棄物処理業の許可権限といっても、収集運搬業の許可は2011年の4月1日から原則47都道府県に集約されました。したがって、豊中市から産業廃棄物を排出する場合、又は豊中市の処分業者まで運搬する場合は、これまで通り大阪府の収集運搬業の許可を持つ会社に委託すればよいのです。
気をつけるべき点としては、豊中市で処分業を行っている会社と、豊中市で積替え保管を行っている会社に委託する場合です。一定の経過期間の後には、豊中市の許可証を受けている必要があります。経過期間については、豊中市のホームページを確認してください。

▼関連記事

※本記事では、豊中市の中核市追加に関する排出事業者への実際の影響について、要点のみ記載しております。

無料メールマガジン登録はこちら

ご依頼・ご相談はこちら

このページの上部へ