仕組み化・教育や、環境ビジネス・環境業務・CSRの注目コラム!

環境戦略・お役立ちサイト おしえて!アミタさん
「おしえて!アミタさん」は、企業のCSR・環境戦略をご支援する情報ポータルサイトです。
CSR・環境戦略の情報を情報をお届け!
  • トップページ
  • CSR・環境戦略 Q&A
  • セミナー
  • コラム
  • 担当者の声

コラム

 

「仕組み化・教育」 に関する記事一覧

第6回:戦略的アウトソースの必要性【後編】商品価値から企業価値へ~2030年の環境戦略の姿~

Some rights reserved by Anil Jadhav

2030年の社会状況や環境制約を見据えたときに、企業はどのような環境戦略・価値創出を行っていくべきかをお伝えする、本コラム。 前回は、現在の企業の環境部の状況や直面する問題について解説してきました。今回は、その課題点と解決方法をご紹介します。

敷島製パン株式会社|代表取締役社長 盛田淳夫氏 シリーズ「経営者が語る創業イノベーション」インタビュー(第一回)経営者が語る創業イノベーション

敷島製パン 盛田 淳夫氏

敷島製パン株式会社 代表取締役社長 盛田淳夫氏 「経営者が語る創業イノベーション」インタビュー(第一回)。創業の理念を、いまの会社に置きかえたときに、どうなんだろうと繰り返し考えました。われわれがやっているのはパンづくりだ。このパンづくりを通じて、創業理念をいまの時代にどう組み替えできるか。その時盛田氏が出会ったものは?

第5回:戦略的アウトソースの必要性【前編】商品価値から企業価値へ~2030年の環境戦略の姿~

前回は厳しくなる環境制約に対して、企業は商品価値から企業価値の向上へ転換し、社会にどのような価値を提供するかということを視野に入れて環境戦略を立案することの重要性についてご説明しました。第5回は、環境戦略立案のために社内リソースを確保する「選択と集中」の手法について説明します。

東大院生レポート第12回(最終回):「日本らしいCSR」と私たちが取り組む社会的責任長濱さん@東大院生レポート

毎月、書くのが楽しみだったコラムも最終回。今回はコラムのまとめと、これからの日本の持続可能な発展にむけて、日本人としてどんなCSRが必要なのかを考えてみました。

東大院生レポート第11回:地方創生の可能性 ~私たちができること~長濱さん@東大院生レポート

先日、CSRJAPAN副編集長から、次の内容のメールをいただきました。 「ITの発達によって、いつでもどこでも欲しいものが手に入るようになった上に仕事までできてしまったら、住む場所なんてどこでもよくなりますよね。となると、自然豊かなところでのびのびと子どもを育てたく、田舎暮らしをしたくなります。」 前回はソーシャルイノベーションについて寄稿しましたので、副編集長の願いをかなえるべく、今回は地域に目を向けた地方創生について書いてみました。

無料メールマガジン登録はこちら

ご依頼・ご相談はこちら

このページの上部へ