経営者・役員に関する情報や、サステナビリティ経営・町づくりのQ&Aをご紹介

環境戦略・お役立ちサイト おしえて!アミタさん
「おしえて!アミタさん」は、未来のサステナビリティ経営・町づくりに役立つ情報ポータルサイトです。
CSR・環境戦略の情報を情報をお届け!
  • トップページ
  • CSR・環境戦略 Q&A
  • セミナー
  • コラム
  • 担当者の声

Q&A

 

「経営者・役員」 に関する記事一覧

このページでは、経営者・役員についての業務に役立つ記事をまとめて掲載しています。
このテーマについての関心が高い場合は、このページをブックマークしてお使いください。

いまさら聞けない「ESG」~サステナビリティ経営の基礎知識~
企業にとってのESGとは?

Image by Pixabay

「ESG」という言葉を見ない、聞かない日はない中、いまさら「ESGって何?」と聞きづらいという方もいるのではないでしょうか。サステナビリティ経営の基礎知識として知っておきたい、ESGの歴史や背景、またESG投資の種類や企業事例などを交えて解説いたします。

プラスチック資源循環に向けて:日本国内の取り組み事例

Some rights reserved by Anna Shvets from Pexels

プラスチックは利便性がよく、様々な用途で暮らしや産業に取り入れられてきましたが、近年、海洋プラスチック問題をはじめとするプラスチックごみが引き起こす、地球環境や生態系への影響について改めて問題視され、世界的に関心が高まっています。循環型システムの構築を実現するために、リデュースやリサイクル、またこれらを前提とした製品のデザインなどを徹底することによって、プラスチックを適切に管理していくことが求められています。日本国内でも、すでに様々な企業が取り組みを進めています。また、法律やガイドラインの整備も徐々に整ってきています。2021年6月4日には「し、2022年4月施行予定です。 国内ではどのような取り組みが進んでいるのでしょうか?事例をご紹介します。

SX(サステナビリティ・トランスフォーメーション)とは?サステナブル経営における重要指標

新型コロナウイルス感染拡大の影響や第四次産業革命、気候変動やグローバルサプライチェーンの寸断などにより、先行きが不透明で将来の予測が困難な時代になっています。この不確実性の時代において、企業が持続可能性を重視した経営へ転換する「サステナビリティ・トランスフォーメーション(以下、SX)」への注目が高まっています。 

カーボンネガティブとは? 意味を解説!

Image by veeterzy from Unsplash

昨今、企業では、パリ協定の目標達成や2050年カーボンニュートラルに向けて、脱炭素戦略や温室効果ガス削減のための実施計画の構築が求められています。そんな中「カーボンニュートラル」や「カーボンネガティブ」など脱炭素に関する用語が増えています。今回の記事では、主に「カーボンネガティブ」の用語解説と企業事例、脱炭素のキーワードとなりつつある「炭素循環」についてご紹介します。

2021年のアース・オーバーシュート・デーはいつ?日本の資源利用の状況は? 初心者向け

Image by Hans Braxmeier from Pixabay

毎年、人間が地球の許容量を超えてどれだけの資源を利用しているかを示す指標として、世界的に公表されているアース・オーバーシュート・デー。 本記事では、2021年のアース・オーバーシュート・デーはいつなのか、日本の資源利用の状況や改善策についてお伝えします。

「おしえて!アミタさん」では、経営者・役員などについての環境業務に役立つ情報をQ&Aやコラムとして毎日更新中です。更新情報はメールで配信していますので、ぜひご利用ください。

無料メールマガジン登録はこちら

ご依頼・ご相談はこちら

このページの上部へ