経営者・役員に関する情報や、環境ビジネス、環境業務、CSRのQ&Aをご紹介

環境戦略・お役立ちサイト おしえて!アミタさん
「おしえて!アミタさん」は、企業のCSR・環境戦略をご支援する情報ポータルサイトです。
CSR・環境戦略の情報を情報をお届け!
  • トップページ
  • CSR・環境戦略 Q&A
  • セミナー
  • コラム
  • 担当者の声

CSR・環境戦略Q&A

 

「経営者・役員」 に関する記事一覧

このページでは、経営者・役員についての業務に役立つ記事をまとめて掲載しています。
このテーマについての関心が高い場合は、このページをブックマークしてお使いください。

CSR活動を利益につなげるためには、どうすればいいでしょうか?

CSR活動を利益に繋げるためには、短期的な利益追求ではなく中長期的視点に立って計画し、行動することが重要です。短期的な利益追求は失敗する可能性が高いので注意が必要です。 また、CSR活動に中長期で取り組む場合、以下の3つの力が担当者に必要となります。

CSR活動にマーケティング視点が必要と聞いたのですが、なぜでしょうか?

Some rights reserved by MargaretsFamily

企業のCSRはより経営と深く結びつく傾向にあり、CSR担当者がマーケティング視点を持つことで利益に繋がる場が増えてくるからです。今回は、CSRレポートやソーシャルメディアと絡めCSR担当者のマーケティング視点を解説します。

グリーンサプライチェーンマネジメントとはなんですか?

Some rights reserved by Nipuna Perera

グリーンサプライチェーンマネジメントとは、「利益効率」を向上させるサプライチェーンマネジメントに「環境」という指標を取り入れて、経済効率と環境負荷低減の両面を充足させるシステムをいいます。廃棄物管理とどのような関わりがあるかを解説します。

自社のCSR活動を見直したいのですが、良い方法はありませんか? 初心者向け

SWOT分析やポジショニング分析等の経営ツールをCSRに焦点を絞って使い、本業とCSR活動が絡められるように考えていきましょう。このような考えをまとめる方法を解説します。

CSRを経営に活かすいい方法はありませんか?

Some rights reserved by
Michigan Municipal League (MML)

CSRを担当する部門の位置づけを経営に近い位置に変えていくことが、ひとつの方法です。 CSRを企業の中枢にすえて事業を実施している企業もあれば、本音のところでは、コストセンターと考えている企業も多くあるようです。今回は企業のCSR部門を4つの分類に分け、それぞれ解説します。

「おしえて!アミタさん」では、経営者・役員などについての環境業務に役立つ情報をQ&Aやコラムとして毎日更新中です。更新情報はメールで配信していますので、ぜひご利用ください。

無料メールマガジン登録はこちら

ご依頼・ご相談はこちら

このページの上部へ