経営者・役員に関する情報や、環境ビジネス、環境業務、CSRのQ&Aをご紹介

環境戦略・お役立ちサイト おしえて!アミタさん
「おしえて!アミタさん」は、企業のCSR・環境戦略をご支援する情報ポータルサイトです。
CSR・環境戦略の情報を情報をお届け!
  • トップページ
  • CSR・環境戦略 Q&A
  • セミナー
  • コラム
  • 担当者の声

CSR・環境戦略Q&A

 

「経営者・役員」 に関する記事一覧

このページでは、経営者・役員についての業務に役立つ記事をまとめて掲載しています。
このテーマについての関心が高い場合は、このページをブックマークしてお使いください。

国を超えてCSRを展開する際のポイントはなんですか?

前回の記事では、アジア諸国では、国によってCSRで重視されるポイントが異なる場合があることを紹介しました。その上で、どうやったら日本企業がアジアをはじめ、海外でCSRを展開したらよいか具体的にご紹介します。

アジア地域では、CSRの意味合いや位置づけが国ごとに違うのですか?

一口に「アジアのCSR」と言っても、国・地域ごとに中心的な課題が異なります。 企業のCSRというものは、企業が操業する地域の社会課題を解決するものであるという考えが広まっています。国ごとの求められるCSRを解説します。

法令順守を維持し、不法投棄に巻き込まれないためのポイントは何ですか? 初心者向け

排出事業者の永遠の課題の1つ、「不法投棄に巻き込まれない」を達成するには、いくつかの情報を集めておく必要があります。今回はそのポイントを解説します。

自社らしいCSRのテーマは
どうやって定めたらよいでしょうか
初心者向け

拠点のある「地域」と、会社が属する「業界」を組み合わせて考えると、自社ならではのテーマを導き出すヒントが出てくるかもしれません。

中小企業がCSRに取り組むには何からスタートすべきですか?

まず自社の活動を従業員と共に振り返り、整理し直すことをお勧めします。 CSR は決して多額の投資をして新しく取り組むべきものではなく、「会社近辺の清掃活動」「小学校への出前授業」「安全活動への取り組み」等、すでに実践している活動も多いです。普段当たり前 のように実施している活動の中にも、もしかしたら他の企業では実施していない内容があるかもしれません。

「おしえて!アミタさん」では、経営者・役員などについての環境業務に役立つ情報をQ&Aやコラムとして毎日更新中です。更新情報はメールで配信していますので、ぜひご利用ください。

無料メールマガジン登録はこちら

ご依頼・ご相談はこちら

このページの上部へ