廃棄物保管場所標識|産業廃棄物の保管場所には、掲示板は必ず設置しなければならないのですか?また、設置する際の注意点は? | 企業の環境・CSR・サステナビリティ戦略に役立つ情報が満載!

環境戦略・お役立ちサイト おしえて!アミタさん
「おしえて!アミタさん」は、企業のCSR・環境戦略をご支援する情報ポータルサイトです。
CSR・環境戦略の情報を情報をお届け!
  • トップページ
  • CSR・環境戦略 Q&A
  • セミナー
  • コラム
  • 担当者の声

CSR・環境戦略Q&A

廃棄物保管場所標識|産業廃棄物の保管場所には、掲示板は必ず設置しなければならないのですか?また、設置する際の注意点は?

はい、廃棄物の保管場所には掲示板の設置が義務付けられています(廃棄物処理法 施行規則第八条より)。

※本記事は、2009年4月に執筆した記事を加筆・修正しています。

掲示板に記載する法定事項

掲示板に記載する法定事項としては、以下4つがあります。

  • 産業廃棄物保管場所である旨
  • 保管する産業廃棄物の種類
  • 保管場所の管理者の氏名又は名称及び連絡先
  • 保管できる高さ上限
    (屋外で容器を用いず保管をしている場合)
掲示例と注意点

haikibutsu-board-2.jpg

① 氏名又は名称

管理者が個人の場合は氏名、法人の場合はその名称を記載します。
管理責任の所在を明確に示し、問題が発生した時に連絡が取りやすいよう、部署名まで記載した方がよいでしょう。
また、担当者が変わることがあるため、シールなどを貼り付ける例もあります。

② 連絡先

連絡先に内線番号だけが書かれていることがあります。
緊急時に携帯電話などですぐに対応が出来るよう、外線番号の記載もおすすめします。

③ 保管の高さ

前述の通り、屋外で容器を用いず保管している場合のみ「最大保管高さ」を記載する必要があります。


文字について

本掲示については、法律で文字の大きさ等は規定されていませんが、(2018年9月現在)読みにくく小さな文字で書かれている場合は、違法とはいえなくとも不適切だといえるでしょう。なお廃棄物運搬車に掲げる掲示板の文字には法定事項(廃棄物処理法 施行規則第七条より)がありますので、注意しましょう。




アミタへのお問い合わせ、ご相談はこちらのフォームから

関連情報

無料メールマガジン登録はこちら

ご依頼・ご相談はこちら

このページの上部へ