CSR・環境戦略Q&A | 企業の環境・CSR・サステナビリティ戦略に役立つ情報が満載!

環境戦略・お役立ちサイト おしえて!アミタさん
「おしえて!アミタさん」は、企業のCSR・環境戦略をご支援する情報ポータルサイトです。
CSR・環境戦略の情報を情報をお届け!
  • トップページ
  • CSR・環境戦略 Q&A
  • セミナー
  • コラム
  • 担当者の声

CSR・環境戦略Q&A

注目Q&A

CSR・環境戦略Q&A一覧

Scope3を解説!排出量の算定方法とは? 初心者向け

Image by Photo Mix from Pixabay

Scope3とは、2011年にGHGプロトコルが策定した、温室効果ガスのサプライチェーン排出量の算定・報告のための世界的な基準・ガイドラインにおける排出量の算定方法・範囲のことです。 近年では、CDPやGRIにおいて、Scope3に関する質問回答や情報開示が求められる他、SBTiに賛同している企業においては、ほとんどの場合Scope3の目標設定が必要とされるなど、その重要性が高まっています。今回は、Scope3の算定方法を解説します。

CDPとは?よくある疑問に回答!

Some rights reserved by jd_hiker

CDPとは、2000年に発足したロンドンに本部を置く国際的な非営利団体です。世界主要企業の環境活動に関する情報を収集・分析・評価し、これらの結果を機関投資家向けに開示しています。今回は、CDPの調査におけるよくある疑問について、Q&A形式で回答します。

「CDP気候変動レポート2019」からわかる、日本企業の取り組み状況を教えてください。

Some rights reserved by thewritingzone

CDPが毎年実施する気候変動への企業の対応に関する調査結果のうち、日本企業の動向をまとめたものが「CDP気候変動レポート2016:日本版 (以下、CDPレポート)」です。

中国・東南アジアの廃プラスチック類輸入規制の最新動向は? 初心者向け

Image by Gerd Altmann from Pixabay

2017年末の中国の廃プラスチック類の輸入禁止以降、世界のリサイクル可能な廃プラスチック類の約半数が行き場を失うことになり、これらの適正処理が大きな課題となっています。以降、日本は、中国の代わりにマレーシア・タイ・ベトナムを主な輸出先としてきましたが、こうした東南アジア諸国でも、段階的な輸入規制が開始されており、今後について早急な対策が求められます。そこで今回は、各国で具体的にどのような規制が進んでいるのか、日本の処理はどのような状況なのか、ご紹介します。

世界で急務の温暖化対策、日本の目標と産業部門の温室効果ガスの排出状況は?

Photo by Anne Nygård on Unsplash

世界で注目が集まる「地球温暖化対策」。温室効果ガスの削減が急務となっています。2019年12月に発表された、『「気候変動に関する国際連合枠組条約」に基づく第4回日本国隔年報告書』(以下、第4回隔年報告書)をもとに、日本の温室効果ガスの削減目標と排出状況、産業部門における動向について、ご紹介します。

無料メールマガジン登録はこちら

ご依頼・ご相談はこちら

このページの上部へ