Q&A | 企業のサステナビリティ経営・自治体の町づくりに役立つ情報が満載!

環境戦略・お役立ちサイト おしえて!アミタさん
「おしえて!アミタさん」は、未来のサステナビリティ経営・まちづくりに役立つ情報ポータルサイトです。
CSR・環境戦略の情報を情報をお届け!
  • トップページ
  • CSR・環境戦略 Q&A
  • セミナー
  • コラム
  • 担当者の声

Q&A

注目Q&A

Q&A一覧

SBT(Science Based Targets)とは?概要や取得のメリット、2024年1月の中小企業向け制度変更を解説

Image by Pexels from pixabay

Science Based Targets (以下、SBT)は、科学的な知見と整合する、企業の温室効果ガス削減目標のことです。本記事ではSBTのメリット、日本での取り組み状況についてご紹介します。

おすすめ情報

ISO「TC323」サーキュラーエコノミーの国際標準化トレンドを押さえる

本記事では、サーキュラーエコノミー分野での国際標準化の流れとして、ISO(国際標準化機構)で検討が行われているTC323の検討状況と今後の動きを詳しく解説します。

おすすめ情報

2023年、現地確認の義務化自治体とその実施方法に関する自治体見解、最新動向!

廃棄物処理法上、現地確認は努力義務とされていますが、自治体によって「実地の確認」を義務付けている場合もあります。 本記事では自治体の条例とテレビ会議システムを利用した確認は有効かについて紹介しています。

おすすめ情報

TNFDv1.0・生物多様性の取り組みポイント・事例・動向まとめ記事

AndreasAuxによるPixabayからの画像

「おしえて!アミタさん」でこれまで掲載されたTNFDや生物多様性に関する記事をまとめています。

おすすめ情報

【最新情報】 TNFD最終提言(v1.0)のLEAPアプローチを学ぶ

Image by Unsplash Cédric VT

TNFD(自然関連財務情報開示タスクフォース)は、2021年に発足した国際的なイニシアティブであり、組織が自然関連リスクと機会を報告し行動を起こせるよう、リスク管理と情報開示に関するフレームワークを開発しています。今回は、2023年9月に公表されたフレームワークの最終提言(v1.0)をもとに、情報開示に向けてリスクと機会の評価を行う際に使用されるであるLEAPアプローチについてお伝えします。

おすすめ情報

このページの上部へ