まちづくり・地域デザインや、環境ビジネス・環境業務・CSRの注目コラム!

環境戦略・お役立ちサイト おしえて!アミタさん
「おしえて!アミタさん」は、企業のCSR・環境戦略をご支援する情報ポータルサイトです。
CSR・環境戦略の情報を情報をお届け!
  • トップページ
  • CSR・環境戦略 Q&A
  • セミナー
  • コラム
  • 担当者の声

コラム

 

「まちづくり・地域デザイン」 に関する記事一覧

アフターコロナ 〜エシカルのこれから〜今さら聞けない、そもそもなぜ今エシカルなの?を徹底解説!

Photo by Benjamin Davies on Unsplash

「新型コロナウイルス」の感染拡大に伴い、私たちは予期せぬ形で大転換期を迎えました。外出制限により人と直接会うことが減り、多くの経済活動が休止し、リモートワークをする人が急増しました。 この間、インドの都市部からヒマラヤ山脈がハッキリと見え、ガンジス川に四万十川のような透明さが戻り、絶滅危惧種であるジュゴンの大群がタイ南部の海で確認されるなど、コロナ禍が環境にとってはプラスに働いているという変化もみられます。 本連載の最終回では、この大転換期の中で「エシカルのこれから」について、変化の兆候と私見を交えながらお送りしていきたいと思います。

スローイノベーション(slow innovation)の時代
2. 協創が生まれる土壌を地域でつくる
スローイノベーションの時代

Photo by Mitchel Lensink on Unsplash

スローイノベーションの時代|第2回目は、企業・行政・NPOというセクターを超えた協創関係についてのポイントや「市民協働イノベーションエコシステム」についてご紹介します。

生駒市実証実験レポート|可視化と継続利用に向けたICT活用地域の課題をトータルで解決する「MEGURU STATION」実証レポート

ICTシステム画面

アミタ株式会社は、奈良県生駒市の「日常の『ごみ出し』を活用した地域コミュニティ向上モデル事業」を受託し、NECソリューションイノベータ株式会社と共に、同市で2019年12月から2020年2月にかけて実証実験を行いました。前回は資源循環の拠点「こみすて(コミュニティステーションの略で生駒市版MEGURU STATION)」の実験の背景、取り組みの概要をお伝えしました。今回は本実験の鍵となるICTシステムの一つである効果の可視化と継続利用に向けた施策についてお伝えします。

スローイノベーション(slow innovation)の時代
1. セクター横断の協創が必要とされる時代背景
スローイノベーションの時代

Photo by Kris Mikael Krister on Unsplash

「地域から日本を変える」という目標を掲げ、クロスセクターの連携による社会変革を目指すSlow Innovation株式会社の野村恭彦氏に、これからの時代の市民協働の考え方やその方法について連載いただきます。

エシカルワーク 〜鍵となる「ダイバーシティ&インクルージョン」〜今さら聞けない、そもそもなぜ今エシカルなの?を徹底解説!

Image by mohamed Hassan from Pixabay

前回まで「エシカルなお金の使い方」についてご紹介をしてきましたが、せっかくエシカルなお金の使い方をするのであれば、それを得るための「働くもエシカルでありたい」。第5回目のコラムでは「エシカルワーク」を、事例を交えながら考え方などをご紹介します。

無料メールマガジン登録はこちら

ご依頼・ご相談はこちら

このページの上部へ